ハービーズジェネラルストアー〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍2-26-15 TEL096-331-7731 AM11:00-PM8:00 定休日火曜日 第2水曜日


by HARBEES

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

ナイスガイのススメ。

『いいもの』頑丈である。飽きがこない。10年後も使える。そんな「力」を持つ『いいもの』を気兼ねなく使い込み、遊び、働き、毎日楽しく過ごして行こうではないか。
最近、人々が忘れがちな『いいもの』=『夢』を日夜探し、提案して行く事が、私達の仕事『夢』である。

 HARBEE'Sスタッフ一同より。

フォロー中のブログ

&NAVY

カテゴリ

ようやく、電車に乗れる。

d0093043_1259366.jpg
d0093043_12594863.jpg
d0093043_12595920.jpg

ようやく、すべての仕事を終え、
ホテルへチェックイン。
とはならず、
まだ行くべき所があった。
最近、自己鍛錬の為にはまっている、「チャリ」。
その火付け役であるショップ「ブルーラグ」である。
勉強の為に、ご迷惑ではあるが、
いろいろ教えてもらっている。
だが、このお店に行く電車のホームがやたらと遠い。
新宿駅山手線ホームから、いったいどこまで歩けばいい。
ホント、人をかき分け、この長い距離を上や下に歩くのは、
熊本育ちの田舎物にはつらい修行である。
その行程を往復である。
もう、足がずたずたである。
ドーピング効果もどこかに消え、
もうろうとしながら、やっとの思いでホテルへ。
# by harbees | 2009-06-07 14:44 | Comments(0)

気がつけば、もう5時。

d0093043_199193.jpg
d0093043_1992978.jpg
d0093043_1994034.jpg
d0093043_1995527.jpg
d0093043_1910530.jpg

ようやく、最後の目的地、「ライディング ハイ」に到着。
リポD ドーピングのおかげで、だいぶ軽くなった足取り。
だが、晴天のおかげもあって、Tシャツは汗で、異臭を放つ2人であった。
ここに写る「ライディング ハイ」は、民家を改造し、観てのとおりの
ハイセンスなショップと化している。
我がにはまだここまでのセンスたるものが無く、
毎回、勉強をさせて頂く次第である。
師薄氏、林氏と交えて、テーシャツのなんたるかを教えてもらい、
たたき込まれ、我がハービィーズ1同は少し成長を遂げた。
ありがたいことである。
東京のエキスを注入してもらい、それをここ熊本で
ナイスガイな皆様に広めてゆくことこそが、我がハービィーズの使命である。
# by harbees | 2009-06-06 19:49 | Comments(0)

移動、移動、また移動。

d0093043_1758720.jpg
d0093043_17581750.jpg
d0093043_17583091.jpg
d0093043_17584319.jpg

なぜ、東京という所は、歩くのか。
不思議だ。
熊本でも、歩くのは好きな方であるが、
ここでの、歩く距離は、半端ではない。
だが、歩く気持ちになる。
歩きたがるのだ。
気持ちがいいのである。
皆もたまには歩こうではないか。
# by harbees | 2009-06-06 18:03 | Comments(0)

momotaroを終えて次ぎへ。

d0093043_1417146.jpg
d0093043_14171480.jpg
d0093043_14172954.jpg

だんだんと、時間が経つにつれて、足取りが遅くなってきた。
まだまだ、次があるのに、こんな事では....。
ふいに、横にいる、ナイスな店長に目をやる。
完全に、瞳孔が開き、ただ遠くを見つめている。
これでは、だめだと感じ、近くのコンビニにて、リポDを買い込み、
2人で、腰に手を当て、一気にストマックへと流し込む。
ハービィーズ流「ドーピング」である。
そうこうするうちに、次の拠点である、「ビンテージワークス」にたどり着く。
師である、堀内氏に迎えられ、店内にて、うまいアイスコフィーにありつくことが出来、
感謝感激である。
まったりとした時間が流れるこの工房。
ゆったりとした堀内氏。
なぜか、違和感なく落ち着きはらっている。
本当落ち着く空間である。
師も最近キャメラの洗礼をうけ、はまっている。
ナイスなことだ。
芸術的センスをもつ者だけに、これからの写真の出来が楽しみである。
今後の「ビンテージワークス ブログ」を期待しようではないか。
# by harbees | 2009-06-06 15:57 | Comments(0)

燃料注入後、MOMOTAROへ。

d0093043_1753716.jpg
d0093043_1755050.jpg
d0093043_176498.jpg
d0093043_1761618.jpg
d0093043_1763572.jpg
d0093043_17648100.jpg
d0093043_177759.jpg

ようやく、香月にて腹のベルをスリープさせ、
向かうは、「MOMOTARO ジーンズ」。
体力も回復、ベホイミが効いてきた。
さてさて、恵比寿の裏通り、閑静な住宅街をかきわけ、
突き当たりにある、古民家。
そこが、MOMOTAROの東京本部。
一通りの名刺交換を行い、
展示会場に目をやるやいなや、
あまりの、アウターの数に驚きをかくせなかった。
元々、ジィーンズで名を売ったメーカー。
このように、ジャケットを数多く生産するとは、驚きである。
造りは、ナイスな皆様がご存じの通り、
「完璧」である。
糸飛び、ほつれなどは、何回も手直しオッケイなバックアップ体制を
持つ、MOMOTAROだけに、期待が高まる。
今まで、MOMOTAROジーンズをお買い頂いて、履いてみて、
「良し」と思われるナイスな方々は、
こうご期待。
# by harbees | 2009-06-05 17:42 | Comments(0)