ハービーズジェネラルストアー〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍2-26-15 TEL096-331-7731 AM11:00-PM8:00 定休日火曜日 第2水曜日


by HARBEES

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

ナイスガイのススメ。

『いいもの』頑丈である。飽きがこない。10年後も使える。そんな「力」を持つ『いいもの』を気兼ねなく使い込み、遊び、働き、毎日楽しく過ごして行こうではないか。
最近、人々が忘れがちな『いいもの』=『夢』を日夜探し、提案して行く事が、私達の仕事『夢』である。

 HARBEE'Sスタッフ一同より。

フォロー中のブログ

&NAVY

カテゴリ

只今、50000件突破いたしました。

「ナイスガイ」、「ダンディーメン」、「ビュウーティフォルレディー」な方々。
誠に、有り難う御座います。
心より感謝致します。
本当に有り難う御座います。
たった今、
我がブログが、とうとう「50000件突破」致しました。



観ていただいた、読んでいただいた、方々に
心より感謝致します。
また明日から、がんばって更新します。
面白くないかもしれませんが、
見て下さい。
本当に有り難う御座いました。


イケテないオーナーより。
# by harbees | 2009-07-03 21:39 | Comments(0)

こんな夜。

d0093043_20375452.jpg

すれ違い、入れ違いで、
乾いたサウンドが轟いた。
気持ちよい夜の空気に欲されたのか、
とても気持ちいい笑顔で訪れた1台。
観ているだけで、単純に格好いい。
何もすることなく、一息つき、
余韻を残しながら、暗闇に消えていった。
む、
今、暗闇へと消えていったはずなのに
また乾いたサウンドが轟く。
ふた振り返ると、
別の1台であった。
こんな夜もあるのだ。
同じ物を持つ、
同じ臭いがする、
同じ気持ちいい夜を感じる。
同じに走り出したくなる。
たまらなく気持ちいいこんな夜。
また、あってほしいこんな夜。
# by harbees | 2009-07-03 21:03 | Comments(0)

今日もお疲れ様でした。

d0093043_1284725.jpg

偶然、
お客様を見送りに外へ出た。
そこには、
クランベリージュースのような、
チェリーパイのような、
ラズベリーにミントトッピングのような、
サツマイモのゆでた皮のような、
最近好んできているライディングのTシャツのような、
でも、皆からは似合わないと言われる、上記のTシャツのような、
キシリトールグレープガムを味が無くなるまで、かんだあとの物体のような、
初めて行ったオシャレなカフェで、何を注文して良いのか分からず、とたんに、目に入った、赤い飲み物のような、
飲んだ後に、普通にアイスコフィーにすれば良かったと、思いなおすぐらい酸っぱかった上記のジュースのような、
要は、
とてもきれいな夕焼けを久しぶりに観た、
なにか、スッキリした、
良い1日だった。
ナイスな皆様、おつかれさまでした。
# by harbees | 2009-07-03 12:23 | Comments(0)

ご満悦。

d0093043_11342970.jpg
d0093043_11344297.jpg

友人がまた一人、パンドラの箱を開けてしまった。
何気ないことから、チャリを購入。
プロカメラマンである彼である故に、
スタイル、シルエット、カラー、デザイン、
その辺には人一倍こだわりがあるにちがいない。
組み上がっていく段階を、フォトグラフに収めていく。
ピントを合わせる場所も、我が一般人とは違い、
「そこ?」っという所にピンティング。
勉強になった。
これからは、チャリとキャメラ。
どちらも、1世紀前から存在するモノが故に、
アナログで生命を感じさせる写真が
ぞくぞく誕生するにちがいない。
これからも、Graphesと共に意味のある写真を
この世に送り出して頂きたい。
# by harbees | 2009-07-03 11:52 | Comments(0)

レザーソールの真実。

d0093043_13501220.jpg
d0093043_13502478.jpg

遠い所から、わざわざ来て下さった、ナイスな「アメカジメン」。
ホワイツブーツにジャストなチノーズ。
さらっと着こなしてはいるが、隙がない。
そのナイスな方のホワイツブーツを
見せて頂いた。
スタンダードにまとまったセミドレスではあるが、
ソールが違った。
レザーソールであった。
ハービィーズにては、未だにレザーソールを施した、
ブーツをこの世に生み出してはおらず、
勉強のかぎりであった。
ナイスメン曰く、「ショッピングセンターなどのタイル張りには、いささか不便」
であるという。
我がも革底の靴を持ってはいるが、
たしかに、「滑る」。
だが、砂をかむ音色、アスファルトと奏でる革底のハーモニー。
我がは、滑っても、革底の音色を優先したい。
何とも言えない音と歩き心地がナイスな皆様を虜にします。
いかがかな。
革底をお持ちの皆様、この季節は腰を遣らないように、お気をつけて。
# by harbees | 2009-07-01 14:09 | Comments(0)