ハービーズジェネラルストアー〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍2-26-15 TEL096-331-7731 AM11:00-PM8:00 定休日火曜日 第2水曜日


by HARBEES

プロフィールを見る

ナイスガイのススメ。

『いいもの』頑丈である。飽きがこない。10年後も使える。そんな「力」を持つ『いいもの』を気兼ねなく使い込み、遊び、働き、毎日楽しく過ごして行こうではないか。
最近、人々が忘れがちな『いいもの』=『夢』を日夜探し、提案して行く事が、私達の仕事『夢』である。

 HARBEE'Sスタッフ一同より。

フォロー中のブログ

&NAVY

カテゴリ

<   2012年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

SLOW。スロウ。すろう。

d0093043_17203283.jpg
d0093043_17205225.jpg
d0093043_1721840.jpg
d0093043_17212950.jpg
d0093043_1722368.jpg
d0093043_17221972.jpg
d0093043_17223567.jpg
d0093043_17225546.jpg
d0093043_1723292.jpg
d0093043_17234756.jpg
d0093043_17235849.jpg
d0093043_17241038.jpg
d0093043_17243047.jpg
d0093043_17251213.jpg

d0093043_17291368.jpg
d0093043_17294141.jpg
d0093043_17295447.jpg
d0093043_17301916.jpg
d0093043_17303030.jpg
d0093043_17304681.jpg

久しぶりの入荷になりました。

今回も、店頭にディスプレイしている最中に

1個、2個と旅立っていきました。

いつになればオールモデルで店頭に並べられるか分かりません。

「品質」 「価格」 「アフターケア」

文句ナシのスロウでございます。

随時、入荷次第ブログアップを狙っておりますが

ラッキーボーイやラッキーガールにゲットされてしまうパターン。

あなたも、スロウのある生活

はじめてみませんか?
by HARBEES | 2012-07-29 17:55 | Comments(0)

夏のスパイス、シルバーブレス。

d0093043_1120465.jpg
d0093043_1121475.jpg
d0093043_1121145.jpg
d0093043_11212798.jpg
d0093043_11214460.jpg
d0093043_11215740.jpg
d0093043_1122993.jpg
d0093043_11221954.jpg
d0093043_11223366.jpg


暑い。

じりりとくる感じ、

本格的に常夏の到来。

正直、

「いや」である。

いろんな「思考」で、

頭の中は完全にオーバーヒートな我が。

だが、

考え方を変えて、

そんな「いや」な事を楽しむ。

そう、気を取り直した。

我らがナイスガイな人々、

「空前の眺め」が見たければ、「スカイツリ−」を創った。

「美味しい飲み物」が飲みたければ、「スタバ」を創った。

「カッコ良く早く走」りたくて「フェラーリ」を創った。

そんな、我らがナイスガイ達。

「暑く」、「いや」、「だるく」、「つまらん」も、

「楽しんで過ごせる」事が出来る。

「必」ずである。

そんな時に、「スパイス」的に、

自分に「振りかけるアイテム」。

気分も変わり、

気の流れも変わる。

「嫌なことを、楽しく変えるスパイス」はとても重要である。

試してみては、いかが。

辣油もタバスコも山椒もあると、「人」の良さも倍増しますよ。
by HARBEES | 2012-07-27 11:44 | Comments(0)

意味が分かりません、でも。



暑苦しいこの時期、

簡単に、

単純明快に、

オモシロくいこうではないか。

でも、

勢いもここまでくれば笑えます。
by harbees | 2012-07-26 01:26 | Comments(0)

聴く、乗る。

d0093043_1326073.jpg


d0093043_13261776.jpg


d0093043_13263177.jpg


d0093043_13264756.jpg



いかした、チェックのファブリックシート、

ガスバーナーホイールに肉厚14インチタイヤ、

ロングノーズがリアルにかもしだす、ノスタルジー。

最高のクルマに「短パン」で乗る。

そんな時にはこんな曲がラジオから流れてくる

そんな男になりませんか。


by HARBEES | 2012-07-19 13:30 | Comments(0)

こんな暑い日は、喰らいましょう。

d0093043_17594479.jpg
d0093043_17595663.jpg


急激な暑さに対抗すべく、

体内も「強化」、

「栄養満点滋養強壮強化月間」ですぞ。

さあ、

皆様、「喰らいましょう、飲み干しましょう」。
by HARBEES | 2012-07-18 18:02 | Comments(0)

一歩前に。


by HARBEES | 2012-07-15 12:30 | Comments(0)

こんな日の一曲。



青空が見たいそんな時の一曲。





月明かりを浴びたい夜の一曲。



こんな雨に叫びたくなる時は。




また訪れる、新しい一日を新しい気持で。
by HARBEES | 2012-07-14 19:20 | Comments(0)

SLOW スロウ ライディングハイ。

d0093043_17285386.jpg
d0093043_1729610.jpg
d0093043_17292599.jpg


スロウ、スロウ、ライディングハイ。

d0093043_17301750.jpg
d0093043_17303092.jpg
d0093043_17304958.jpg


スロウ、スロウ、ライディングハイ。

d0093043_17334116.jpg
d0093043_1734596.jpg
d0093043_17342953.jpg


ライディング、ライディング、ライディングハイ。

d0093043_17352629.jpg
d0093043_17353763.jpg
d0093043_17355011.jpg
d0093043_1736385.jpg


創っている所違えど、

魂の込められた物達。

Tシャツにカラダをとおし、

バックをたすき掛け、

靴は紐を締めて履くだけ。

たったそれだけで、

「カッコ良い」のはなぜであろう。

d0093043_17413536.jpg

d0093043_17414934.jpg
d0093043_1742173.jpg
d0093043_17424393.jpg


これらの物達は、

そんな、

「シンプルな格好良さ」を持ち備えています。

そばに置いとく価値はあります。
by HARBEES | 2012-07-12 17:44 | Comments(0)

シルバースミス JED

d0093043_1253263.jpg
d0093043_12533799.jpg
d0093043_12534779.jpg
d0093043_12535830.jpg
d0093043_12541892.jpg
d0093043_12543116.jpg


正直、我がは、シルバーにはうとい。

素人感覚に近いぐらいであろう。

だが、

手首につけるアクセサリーは別である。

首もザワザワして苦手であるし、

指関節もゴワゴワ、

だが手首は「時計感覚」なのか、

あまり抵抗がない。

それより、

時計好きな我が的には、「時計プラス何か」が必要であった。

仕事柄、

いろんな物を物色してはいるが、

どれもこれもピンと来ない。

先程も書いたように、「知識&センス」がない。

ならば、インスピレーションで選ぶ事にしている。

今も長年付けている「GIブレス」も、

熊本の作家さんに製作していただいたモノである。

選んだ根拠もない。

「ただ、カッコ良かった」のである。

今回の「JED」の作品も、

我が「オシャレの師であるK氏より見せられ、ピンと来た1品」である。

扱い初めて知り始めたのであるが、

このJEDの作品には、

「ゴローズ」の高橋ゴロー氏製作のマークが使われている。

アリゾナ時代の親友であり、師でもある。

見た目には、「石もビーズも付いてなく」シンプルなスタイルであるが、

「身につけた本人を輝かせ、幸運を導くモノ」だと個人的には考える。

よって、

「ブラックペッパー」的存在でいいのである。

無いと物足りなく、

かけてあるだけで、スパイシーさをかもしだし、

黒い控えめな色合い。

そんな「控えめなアクセサリー」で、

ナイスな男にスパイスを効かせようではないか。



「説明文章」

JED (ジェド)

アリゾナの文化とアートに魅せられたJEDは、ジュエリー制作に没頭する様になります。

自分で道具を作り新しい技術を編み出しながらゴールドやシルバーを使ってブレスレッドやネックレス、イヤリング、コンチョベルト等様々なユニークなジュエリーを作り出します。

彼の作品はアリゾナハイウェイ、ローリングストーンズ、ヴォーグなどの有名雑誌にも取り上げられアーノルド・シュワルツネッガーやグレン・キャンベルなどセレブレティにもファンが多いです。

40数年のアリゾナでの作品作りの間には「goro's(ゴローズ)」のオーナーの高橋吾郎氏と出会いセドナのワークショップで共にジュエリーを制作し、高橋吾郎氏との交友は今でも続いています。

JEDのシグナチャースタンプ(刻印)は高橋吾郎氏の作でJEDに贈られたものです。
JEDは今もジェロームの奥まった地に住みジュエリーを作り続けています。
それらは間違いなくアリゾナの伝統遺産となるものです。

流行にとらわれない洗練されたデザインで日本では取扱店も限られている様です。


注(勝手な引用ご了承下さい)。
by HARBEES | 2012-07-11 13:34 | Comments(0)

復活、M420。

d0093043_14202171.jpg
d0093043_14203629.jpg
d0093043_14205086.jpg
d0093043_1421424.jpg


昭和55年発売、

その年の「ランナーズワールド」や、

全米雑誌で、

ゴールドシューズ賞に輝いた、

往年の「M420」を彷彿させるデザインで登場の、

「CM620」。

よき時代のスニーカー的デザインは、

やはり、

その頃の「力強いアメリカ合衆国」そのものである。

チノをくしゃくしゃにロールアップ、

素肌にプルオーバーのシャツ、

Jerry Cohen のエベッツフィールドキャップ、

そのシンプルさが、

男を輝かせます。

値段は、

「笑いが止まりません」。

お早めに。

ぜひ、

隣の項目の「CCR」を流しながらみると、

この、ニューバランスが10倍良く見えますぞ。
by HARBEES | 2012-07-08 14:30 | Comments(0)