ハービーズジェネラルストアー〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍2-26-15 TEL096-331-7731 AM11:00-PM8:00 定休日火曜日 第2水曜日


by HARBEES

プロフィールを見る

ナイスガイのススメ。

『いいもの』頑丈である。飽きがこない。10年後も使える。そんな「力」を持つ『いいもの』を気兼ねなく使い込み、遊び、働き、毎日楽しく過ごして行こうではないか。
最近、人々が忘れがちな『いいもの』=『夢』を日夜探し、提案して行く事が、私達の仕事『夢』である。

 HARBEE'Sスタッフ一同より。

フォロー中のブログ

&NAVY

カテゴリ

<   2012年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

紳士靴は雨の日に磨け。

d0093043_1121434.jpg
d0093043_1122238.jpg
d0093043_11221550.jpg
d0093043_11222531.jpg


良く降る。

もういい加減雨にも飽きが来た。

そう、感じているのは、

この九州地方のガイ達だけではあろうが。

連日の雨。

どしゃ降り、

靴もびしょびしょ。

ナイスな諸君、

こんな時期こそ腐ってないで、

靴箱カビ一掃奇襲攻撃、

「エタノール作戦」を展開しようではないか。

恐る恐る靴箱を開けてみる、

大事なブーツ&ハンドメイドシューズを眼球で隅々まで確認、

密かに潜伏している「カビ」を確認、

気付かれないように、後ろに回り込み、

息を殺し、

指先に意識を集中させ、

呼吸を整え、

1.2.3、

エタノールで「ワンショット ワンキル」。

そう、

雨が降るならば、

そんな雨の中、

ぴかぴかに磨いた靴や、

ワックスのバリッと効いた、

水滴のダンスがみられるナイスなクルマで、

シャキッと外へ出かけようではないか。

「紳士なアイテムを使える雨も、また良し」である。


カビでお困りのナイスなガイ達よ、

「カビ ブーツ」で検索すると、

「カビが生えたブーツはどうする編」に詳細があります。

参考書代わりに御覧下され。

注) 「マスタング青木とハービィーズ」の私見的であることをご了承下され。
by HARBEES | 2012-06-30 11:40 | Comments(0)

フェローズ 2012サマコレ。第二弾。

d0093043_18453113.jpg
d0093043_18454992.jpg
d0093043_1846667.jpg
d0093043_18462036.jpg
d0093043_18463697.jpg
d0093043_18465129.jpg
d0093043_1847614.jpg
d0093043_1847334.jpg
d0093043_18474911.jpg
d0093043_18481336.jpg
d0093043_1848306.jpg
d0093043_18485613.jpg
d0093043_18491155.jpg
d0093043_18493344.jpg

d0093043_191989.jpg

d0093043_18501556.jpg
d0093043_1850464.jpg
d0093043_185145.jpg
d0093043_1851241.jpg
d0093043_18524170.jpg
d0093043_18525836.jpg

沢山のお問い合わせありがとう御座いまする。

まだまだ紹介出来ていないTシャツ。

たくさんあります。

店頭にて、宝探しを決行してくだされ。

このジメジメ、ムシムシ。

熊本特有の暑さに耐えかねて、

Tシャツメン&ガール。

増殖しております。

御来店の際は、汗だくでお願いします。
by HARBEES | 2012-06-28 18:58 | Comments(0)

G.Iジェントルメンなアイテム。

d0093043_15281078.jpg
d0093043_15282658.jpg
d0093043_1528396.jpg


こんな、

G.I的入れ物大好き依存症な我がには、

回転寿司の「最後の〆」的アイテムに限りなく近いほど、

気になるアイテムである。

米軍備品に使用されている素材を生かし、

日常使用している、

スマートフォンにフィードバック。

やはり、

「ミルスペック」などの用語に弱い我がであった。

千円台で買える「iPhoneケース」で、

気分デルタフォースである。
by HARBEES | 2012-06-25 15:38 | Comments(0)

SLOWお待たせしました。

d0093043_19465999.jpg
d0093043_19471294.jpg
d0093043_19472530.jpg
d0093043_19474262.jpg
d0093043_1948496.jpg



長らくのお待たせしています、

「SLOW」ようやく

一部届きました。

ご安心下され、

ご予約いただいている分は確保しています。

それ以外に、少量余剰分がありますので、

ガッツなガイは手に取り御覧下され。

「しっとりしていて、手から離れません」。

d0093043_19524211.jpg
d0093043_1953193.jpg


こんな口直し雑貨も、

「大量にあります」。

「いいのか、良くないかは、我がでは判断できませんが」。

d0093043_19535769.jpg
d0093043_19543840.jpg


このパッケージで、

「はっ」ときた、

素晴らしき

「アメリカンキャンバスシューズ根っから大好き、かじってもかじっても、アニーホール症候群」な

方々には、

かなりのモノではなかろうか。

「幻の1品」ですぞ。

「少量おわけできます」。

d0093043_19583381.jpg
d0093043_19584984.jpg
d0093043_1959571.jpg
d0093043_19591446.jpg


最後に、

今年、

異例の「短パン」ブーム。

「何本売れたのだろうか」と考えるほどである。

そんな、

短パンズな方々に朗報である。

いかした、ラテン魂炸裂の

「フラカップ」です。

ビルケンなどのサンダルにチョイ飽き的症候群には、

「ジローラモ的オープンカラーバンバンのアバンチュール依存症」な方々、

「モナコ気取りで、ロールアップにスリップオン」ですぞ。




今日、
ここ、
熊本地方は、
一日中、
「激雨」である。
カラダも、ジメジメ。

そう、
そんな時は、
「笑いましょう」。


by HARBEES | 2012-06-24 20:20 | Comments(0)

ウエス。レザー編。

d0093043_15561678.jpg
d0093043_15564713.jpg
d0093043_15582722.jpg
d0093043_15584122.jpg
d0093043_155919.jpg
d0093043_15591930.jpg

湿気の多さと、カラダのべたつくこの季節。

パツパツのストレートジーンズのポケットには何も入れられない。

こんな時に大活躍。ウエス。

小物入れシリーズ。

ベルトやベルトループにセッティング。

これで貴方もバックいらず!?

バイクに乗るボーイ&ガール。

バイクに乗らないボーイ&ガール。

どなたでもバックナッシング。OK。

こちらのタイプも入荷しております。
d0093043_16104216.jpg

by HARBEES | 2012-06-20 16:10 | Comments(0)

革物、贈り物。

d0093043_128241.jpg
d0093043_1283613.jpg
d0093043_128492.jpg
d0093043_129316.jpg
d0093043_1293533.jpg
d0093043_1295827.jpg
d0093043_12101251.jpg
d0093043_12102322.jpg
d0093043_12103268.jpg
d0093043_12104442.jpg
d0093043_12105510.jpg
d0093043_1211864.jpg
d0093043_12112344.jpg


ここ数年、

この時期の購入確率NO1の実績、

「こんな革小物」達である。

もちろん、

「ファーザーデイ」ともかさなって、

「プレゼント」には、

もってこいである。

どこか、

懐かしい感じがして、

心温まる、

使い込むほどに、

優しく、

鋭く、

滑らかに変化し続ける、

「革小物達」。

気分が良い自分のご褒美にも、

大事な人へのプレゼントにもどうぞ。

気持ちが良くなります。
by HARBEES | 2012-06-15 16:36 | Comments(0)

どう違う、ニューバランス。

d0093043_2049454.jpg


「ウォーリーを探せ」的に見えるほどの、

「違いのなさ」。

色遣いも、

「似たり寄ったり」。

だけども、

どこか、

何足も、

欲しくなる、

「ニューバランス」。

いつの間にか、

気付けば、こんな在庫数。

要は、

自分が、

「1つづつ欲しかった」のであろう。

完全に、「ニューバランス ウイルス」に感染している。

「自覚症状などは、まったくもってない」

「自分はやばい」と思いの、ナイスない

「I LOVEシューズ」な方は、

近寄らないで下され、

すぐ「うつります」よ。

お大事に。
by HARBEES | 2012-06-13 20:57 | Comments(0)

オレンジカウンティー。

d0093043_1738044.jpg
d0093043_17381116.jpg


ぬける青空、

どこからか、

ミックスされたタイドの匂い、

デビットフォスターのAOR、

偶然重なった「現実」ではあるが、

どこか、

オレンジカウンティーな感じがしてるのは、

間違いなく、

我がだけであろう。

何事も、

自己満足&自己陶酔が重要である。

それにしても、

ナイスなクルマを手に入れたこのナイスガイは、

「ハンター」的マックイィーンな趣である。

さあ、

いかした自分に、憧れ、夢見ようではないか。
by HARBEES | 2012-06-11 17:50 | Comments(0)

おのぼりな二人、完結編。

d0093043_1838884.jpg
d0093043_1838209.jpg


早朝より、

「くいだめ」的攻略作戦を遂行致す為に、

ストマックへ、北京ダックの飼育並みの勢いで流し込む。

d0093043_18424118.jpg
d0093043_18425460.jpg
d0093043_1843598.jpg
d0093043_18431788.jpg


雨の新宿、

ローラーブレード的滑り心地のレザーソール。

電車の駅での転倒はどうしても防がなければならぬ。

よって、「すり足走行」に切り替え、

ようやく、新宿駅へ。

d0093043_18483871.jpg

d0093043_1848494.jpg
d0093043_1849246.jpg


雨の竹下通りを、すり足走行で進み、

女子学生からは、「変なおっさん」的まなざしを、ふんだんに頂き、

本日のメインワーク、

そう、

今後、熊本で展開していく「CA4LA」の展示会場へとたどり着いた。

写真ではお見せ出来ないが、

ナイスな、レディース&ジェントルメンな方々、

「とても 、イカシテイマス」。

「CA4LAショップ&ウエディング」もこうご期待である。

d0093043_18594155.jpg


帰るまでの残された時間、

うちの店長の師でもある、

キャシディーホーム グロウの八木沢氏の元へ。

プレッピーなツーショットで、気分は「TAKE」。

d0093043_1942169.jpg


しばしのお別れを「スマクロにて」。

d0093043_1951392.jpg


d0093043_1952590.jpg
d0093043_1953598.jpg
d0093043_1955230.jpg
d0093043_196939.jpg
d0093043_1962342.jpg
d0093043_1963837.jpg
d0093043_1965094.jpg


九州では喰らうことの出来ぬ、

ハワイの「KUA AINA」バーガー。

一度口にしたく、

ミスターアメリカである、

「ビンテージワークスの師」を緊急呼び出し、

いざ、「ストマック イン」。

あまりの「大きさ」&「めずらしさ」故の撮影会。

喰らい方もわからぬまま、

かみついた次第である。

当然次の瞬間、手と口はマスタード一色、

こぼれ落ちそうな「アボガド」を手で押さえる始末。

最高に、「アメリカンな行事」であった。

師は、「今日の仕事は閉店」なほど、

ストマックへ効いているらしい。

d0093043_19142068.jpg


わざわざクルマでお出迎え&送迎。

12分300円の駐車料金に目がこぼれ落ち、

文化の違いを実感した「渋谷」であった。

「ビンテージワークスの師」誠に申し訳ない。

そんな「師」の後ろ姿が、

「哀愁のカサブランカ」であった。

「皆様、お仕事お疲れ様です、ベルトはビンテージ、ビンテージワークス」、

「ビンテージワークスのベルト清き一本買いましょう」。

d0093043_19184621.jpg
d0093043_1919125.jpg
d0093043_19191648.jpg
d0093043_19192714.jpg
d0093043_19193735.jpg
d0093043_19194870.jpg


師の後ろ姿に別れを告げ、

帰途につくため、

一路羽田へ。

京急からの「長い長いエスカレーター」を上る、

最後の力をふりしきり、

「何の表情か分からぬ、フェイスジェスチャー」。

当然、

数分後、

ゲートの椅子に座り出発を待つ、

このとおり、

微動だにせず、1点を見つづけたまま、

「昇天」である。

毎回、

「今度はゆっくり、有意義に、仕事&散策をしよう」などと考えてはいるが、

「貧乏性欲張り予定詰め込み症候群」な我が達故に、

「そんな日が訪れることはないであろう」。

そう実感した、

「東京おのぼり紀行」であった。

面白くない「投稿」お付き合いいただき、

感謝します。

「スマン」。
by HARBEES | 2012-06-08 19:35 | Comments(0)

フェローズ秋冬展示会、「おのぼりな2人」の巻き。

d0093043_18215268.jpg


久々の来京、

「心躍り、血みなぎる、東京」へ。

そんな気分の「フェローズ秋冬展示会」レッツラGOである。

d0093043_18252552.jpg


まだ、

テカリもなく、疲労感など陰すら見えない「みゆき族な店長」。

今後がたのしみである。

d0093043_18272962.jpg
d0093043_18273999.jpg
d0093043_18275028.jpg


羽田到着がいつもより遅く、

「腹が減っては仕入れが出来ぬ」と思い込み、

もちろん、大好物の恵比寿ラーメン「香月」へ?。

?「な」、?「な」、?「ない」。

後で知ったことであるが、「移転していた」のであった。

d0093043_18302322.jpg


だが、時間もおしている。

一番目立つ看板、

いっぱいの客の店内、

「ここだ」とキメ、早速喰らう。

あまり言いたくはないが、

テンションは、どん底である。

d0093043_1837080.jpg


ようやく、会場に到着。

いつもの顔ぶれ、

ナイスな会場、

にやけるアイテムに囲まれて、テンションも回復。

d0093043_18383180.jpg
d0093043_18391917.jpg
d0093043_18393823.jpg
d0093043_18395458.jpg


やはり、

展示会とゆう場所は、「気分がいい」。

地方ではなかなか味わえない「わくわく感」があり、

「こころ」が楽しんでいるのが分かる。

そんな顔つきをしている自分が分かる。

良い感じである。

最近、

いろんなメーカーとの契約で、

多忙的になってきたのは間違いない。

それならば、

たまの東京、

肝心な残る仕事は明日である。

「私用で遊びに行きます」。

「スマン」。

d0093043_18442232.jpg


d0093043_18524530.jpg


d0093043_18525485.jpg
d0093043_1853811.jpg
d0093043_18532043.jpg
d0093043_1853328.jpg
d0093043_18534783.jpg


友人から聞いた「TSUTAYA」。

「とにかく凄いらしい」。

TSUTAYAファンとしては見に行くしかない、

いってみて、「ここは言葉では表せない」のである。

たとえ3日あったとしても、まだ制覇するには時間がいる。

駐車場では「外車ショー」が毎日繰り返し行われているようである。

d0093043_18584650.jpg


先はまだ長い、

この辺で、いつもの「ドーピング」レッヅブルの登場。

「混乱した身体と頭にはてきめんに効きます」。

d0093043_191212.jpg

d0093043_1912253.jpg
d0093043_1914171.jpg
d0093043_1915615.jpg
d0093043_192612.jpg
d0093043_1921923.jpg
d0093043_1922941.jpg
d0093043_1924062.jpg


まずは、

転々とナイスな店がヅラリと列ぶ代官山を後にして、

アルク、アルク、アルク、

道玄坂を越え、

ひたすら歩き、ようやく「キャッツストリート」へ。

ナイスなスタッフとご対面。

たわいのない話。

この時間が「心が一服する時間」である。

d0093043_1982516.jpg

d0093043_1984294.jpg

d0093043_199656.jpg
d0093043_1991669.jpg
d0093043_1992653.jpg


ラルフ様のラグビー、

いつ来ても新鮮で、ジェントルである。

このうえない、「RRL」も最高に好きだが、

こちらの方が、我がオヤジには無理がなく、頑張っていない感があり素敵である。

d0093043_19131356.jpg


どうやら、

道を間違え、

くたくたになりながら、見えてきたモノは「東京体育館」。

人だかりがもの凄く、

全力で進んでいる我がの行く手を阻む。

ロンドンオリンピック最終予選「日韓戦」であった。

はっ、と我に返り、

思考回路が気づき始めた。

「何処まで来たのであろう」

途方に暮れた。

d0093043_19225931.jpg

d0093043_19231484.jpg


命綱となるべき人物へ「SOS」を発信、

聞こえてきた声から、一筋の明かりが見えてきた。

そう、

ナイスなレザーベルトの貴公子「ビンテージワークス 堀内氏」である。

適切なアドバイスにより、

我が相当な遠回りをしていたのが分かり、

「ダブルショック」的なファイナルカウントダウンであった。

d0093043_19451736.jpg
d0093043_19453285.jpg
d0093043_19455164.jpg
d0093043_1945593.jpg
d0093043_19461159.jpg
d0093043_19462449.jpg
d0093043_19465266.jpg
d0093043_19471460.jpg


日が暮れ、

コンクリートジャングルが闇に包まれるころ、

ようやく、

いってみたかった場所をクリアーした。

心は達成感で満たされていたが、

足は言うことを聞いてはくれないでいた。

良い場所を探してもらい、

誘っていただいた「フェローズ 田村師&姫野氏」。

九州革命を企てながら、頂いた「串」、

このゆるさは、「格別」であった。

「おのぼりさん2人」のリクエストを聞いていただき、心より感謝であります。

d0093043_2012958.jpg


今回は「新宿」でステイ。

20年ぶりの新宿歌舞伎町を、

足を引きずり、呼び込みにからまれ、ようやく宿へと。

「姫野氏」最後までお見送りありがとうである。


最終章へ続く。
by HARBEES | 2012-06-07 20:04 | Comments(0)