ハービーズジェネラルストアー〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍2-26-15 TEL096-331-7731 AM11:00-PM8:00 定休日火曜日 第2水曜日


by HARBEES

プロフィールを見る

ナイスガイのススメ。

『いいもの』頑丈である。飽きがこない。10年後も使える。そんな「力」を持つ『いいもの』を気兼ねなく使い込み、遊び、働き、毎日楽しく過ごして行こうではないか。
最近、人々が忘れがちな『いいもの』=『夢』を日夜探し、提案して行く事が、私達の仕事『夢』である。

 HARBEE'Sスタッフ一同より。

フォロー中のブログ

&NAVY

カテゴリ

おのぼりな二人、完結編。

d0093043_1838884.jpg
d0093043_1838209.jpg


早朝より、

「くいだめ」的攻略作戦を遂行致す為に、

ストマックへ、北京ダックの飼育並みの勢いで流し込む。

d0093043_18424118.jpg
d0093043_18425460.jpg
d0093043_1843598.jpg
d0093043_18431788.jpg


雨の新宿、

ローラーブレード的滑り心地のレザーソール。

電車の駅での転倒はどうしても防がなければならぬ。

よって、「すり足走行」に切り替え、

ようやく、新宿駅へ。

d0093043_18483871.jpg

d0093043_1848494.jpg
d0093043_1849246.jpg


雨の竹下通りを、すり足走行で進み、

女子学生からは、「変なおっさん」的まなざしを、ふんだんに頂き、

本日のメインワーク、

そう、

今後、熊本で展開していく「CA4LA」の展示会場へとたどり着いた。

写真ではお見せ出来ないが、

ナイスな、レディース&ジェントルメンな方々、

「とても 、イカシテイマス」。

「CA4LAショップ&ウエディング」もこうご期待である。

d0093043_18594155.jpg


帰るまでの残された時間、

うちの店長の師でもある、

キャシディーホーム グロウの八木沢氏の元へ。

プレッピーなツーショットで、気分は「TAKE」。

d0093043_1942169.jpg


しばしのお別れを「スマクロにて」。

d0093043_1951392.jpg


d0093043_1952590.jpg
d0093043_1953598.jpg
d0093043_1955230.jpg
d0093043_196939.jpg
d0093043_1962342.jpg
d0093043_1963837.jpg
d0093043_1965094.jpg


九州では喰らうことの出来ぬ、

ハワイの「KUA AINA」バーガー。

一度口にしたく、

ミスターアメリカである、

「ビンテージワークスの師」を緊急呼び出し、

いざ、「ストマック イン」。

あまりの「大きさ」&「めずらしさ」故の撮影会。

喰らい方もわからぬまま、

かみついた次第である。

当然次の瞬間、手と口はマスタード一色、

こぼれ落ちそうな「アボガド」を手で押さえる始末。

最高に、「アメリカンな行事」であった。

師は、「今日の仕事は閉店」なほど、

ストマックへ効いているらしい。

d0093043_19142068.jpg


わざわざクルマでお出迎え&送迎。

12分300円の駐車料金に目がこぼれ落ち、

文化の違いを実感した「渋谷」であった。

「ビンテージワークスの師」誠に申し訳ない。

そんな「師」の後ろ姿が、

「哀愁のカサブランカ」であった。

「皆様、お仕事お疲れ様です、ベルトはビンテージ、ビンテージワークス」、

「ビンテージワークスのベルト清き一本買いましょう」。

d0093043_19184621.jpg
d0093043_1919125.jpg
d0093043_19191648.jpg
d0093043_19192714.jpg
d0093043_19193735.jpg
d0093043_19194870.jpg


師の後ろ姿に別れを告げ、

帰途につくため、

一路羽田へ。

京急からの「長い長いエスカレーター」を上る、

最後の力をふりしきり、

「何の表情か分からぬ、フェイスジェスチャー」。

当然、

数分後、

ゲートの椅子に座り出発を待つ、

このとおり、

微動だにせず、1点を見つづけたまま、

「昇天」である。

毎回、

「今度はゆっくり、有意義に、仕事&散策をしよう」などと考えてはいるが、

「貧乏性欲張り予定詰め込み症候群」な我が達故に、

「そんな日が訪れることはないであろう」。

そう実感した、

「東京おのぼり紀行」であった。

面白くない「投稿」お付き合いいただき、

感謝します。

「スマン」。
by HARBEES | 2012-06-08 19:35 | Comments(0)