ハービーズジェネラルストアー〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍2-26-15 TEL096-331-7731 AM11:00-PM8:00 定休日火曜日 第2水曜日


by HARBEES

プロフィールを見る

ナイスガイのススメ。

『いいもの』頑丈である。飽きがこない。10年後も使える。そんな「力」を持つ『いいもの』を気兼ねなく使い込み、遊び、働き、毎日楽しく過ごして行こうではないか。
最近、人々が忘れがちな『いいもの』=『夢』を日夜探し、提案して行く事が、私達の仕事『夢』である。

 HARBEE'Sスタッフ一同より。

フォロー中のブログ

&NAVY

カテゴリ

フェローズ秋冬展示会、「おのぼりな2人」の巻き。

d0093043_18215268.jpg


久々の来京、

「心躍り、血みなぎる、東京」へ。

そんな気分の「フェローズ秋冬展示会」レッツラGOである。

d0093043_18252552.jpg


まだ、

テカリもなく、疲労感など陰すら見えない「みゆき族な店長」。

今後がたのしみである。

d0093043_18272962.jpg
d0093043_18273999.jpg
d0093043_18275028.jpg


羽田到着がいつもより遅く、

「腹が減っては仕入れが出来ぬ」と思い込み、

もちろん、大好物の恵比寿ラーメン「香月」へ?。

?「な」、?「な」、?「ない」。

後で知ったことであるが、「移転していた」のであった。

d0093043_18302322.jpg


だが、時間もおしている。

一番目立つ看板、

いっぱいの客の店内、

「ここだ」とキメ、早速喰らう。

あまり言いたくはないが、

テンションは、どん底である。

d0093043_1837080.jpg


ようやく、会場に到着。

いつもの顔ぶれ、

ナイスな会場、

にやけるアイテムに囲まれて、テンションも回復。

d0093043_18383180.jpg
d0093043_18391917.jpg
d0093043_18393823.jpg
d0093043_18395458.jpg


やはり、

展示会とゆう場所は、「気分がいい」。

地方ではなかなか味わえない「わくわく感」があり、

「こころ」が楽しんでいるのが分かる。

そんな顔つきをしている自分が分かる。

良い感じである。

最近、

いろんなメーカーとの契約で、

多忙的になってきたのは間違いない。

それならば、

たまの東京、

肝心な残る仕事は明日である。

「私用で遊びに行きます」。

「スマン」。

d0093043_18442232.jpg


d0093043_18524530.jpg


d0093043_18525485.jpg
d0093043_1853811.jpg
d0093043_18532043.jpg
d0093043_1853328.jpg
d0093043_18534783.jpg


友人から聞いた「TSUTAYA」。

「とにかく凄いらしい」。

TSUTAYAファンとしては見に行くしかない、

いってみて、「ここは言葉では表せない」のである。

たとえ3日あったとしても、まだ制覇するには時間がいる。

駐車場では「外車ショー」が毎日繰り返し行われているようである。

d0093043_18584650.jpg


先はまだ長い、

この辺で、いつもの「ドーピング」レッヅブルの登場。

「混乱した身体と頭にはてきめんに効きます」。

d0093043_191212.jpg

d0093043_1912253.jpg
d0093043_1914171.jpg
d0093043_1915615.jpg
d0093043_192612.jpg
d0093043_1921923.jpg
d0093043_1922941.jpg
d0093043_1924062.jpg


まずは、

転々とナイスな店がヅラリと列ぶ代官山を後にして、

アルク、アルク、アルク、

道玄坂を越え、

ひたすら歩き、ようやく「キャッツストリート」へ。

ナイスなスタッフとご対面。

たわいのない話。

この時間が「心が一服する時間」である。

d0093043_1982516.jpg

d0093043_1984294.jpg

d0093043_199656.jpg
d0093043_1991669.jpg
d0093043_1992653.jpg


ラルフ様のラグビー、

いつ来ても新鮮で、ジェントルである。

このうえない、「RRL」も最高に好きだが、

こちらの方が、我がオヤジには無理がなく、頑張っていない感があり素敵である。

d0093043_19131356.jpg


どうやら、

道を間違え、

くたくたになりながら、見えてきたモノは「東京体育館」。

人だかりがもの凄く、

全力で進んでいる我がの行く手を阻む。

ロンドンオリンピック最終予選「日韓戦」であった。

はっ、と我に返り、

思考回路が気づき始めた。

「何処まで来たのであろう」

途方に暮れた。

d0093043_19225931.jpg

d0093043_19231484.jpg


命綱となるべき人物へ「SOS」を発信、

聞こえてきた声から、一筋の明かりが見えてきた。

そう、

ナイスなレザーベルトの貴公子「ビンテージワークス 堀内氏」である。

適切なアドバイスにより、

我が相当な遠回りをしていたのが分かり、

「ダブルショック」的なファイナルカウントダウンであった。

d0093043_19451736.jpg
d0093043_19453285.jpg
d0093043_19455164.jpg
d0093043_1945593.jpg
d0093043_19461159.jpg
d0093043_19462449.jpg
d0093043_19465266.jpg
d0093043_19471460.jpg


日が暮れ、

コンクリートジャングルが闇に包まれるころ、

ようやく、

いってみたかった場所をクリアーした。

心は達成感で満たされていたが、

足は言うことを聞いてはくれないでいた。

良い場所を探してもらい、

誘っていただいた「フェローズ 田村師&姫野氏」。

九州革命を企てながら、頂いた「串」、

このゆるさは、「格別」であった。

「おのぼりさん2人」のリクエストを聞いていただき、心より感謝であります。

d0093043_2012958.jpg


今回は「新宿」でステイ。

20年ぶりの新宿歌舞伎町を、

足を引きずり、呼び込みにからまれ、ようやく宿へと。

「姫野氏」最後までお見送りありがとうである。


最終章へ続く。
by HARBEES | 2012-06-07 20:04 | Comments(0)