ハービーズジェネラルストアー〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍2-26-15 TEL096-331-7731 AM11:00-PM8:00 定休日火曜日 第2水曜日 火曜日祭日の場合、水曜店休日


by HARBEES

プロフィールを見る
画像一覧

ナイスガイのススメ。

『いいもの』頑丈である。飽きがこない。10年後も使える。そんな「力」を持つ『いいもの』を気兼ねなく使い込み、遊び、働き、毎日楽しく過ごして行こうではないか。
最近、人々が忘れがちな『いいもの』=『夢』を日夜探し、提案して行く事が、私達の仕事『夢』である。

 HARBEE'Sスタッフ一同より。

エキサイト以外のリンク
............................................
スマクロ Ⅱ
スマクロ福岡
lecrin
RED GOOD SPEED
TERRA BAL
JET CUSTOMCOATING
Travis Cycles
HEARTS RIZING
輪’z coffee shop
AIRS
スクランブラーとハンターカブ
株式会社ライフジャム

フォロー中のブログ

Dazzle アトリエの日々
Marky works
COM-HAUS ~イン...
マルとアンナ
haco 店主の日記
hacophotoshop
Cannon
GARAGE‘‘WORK...
&NAVY

カテゴリ

全体
フェローズ
MOMOTARO
ビンテージワークス
GOWEST GOHEMP
RIDING HIGH
ファッション
bike
雑貨
Nikon
トイプードル
車道楽
革ジャンパー
美味しい物
日常
ハンドメイドレザー
ビンテージウオッチ
フィッシング
アウトドア
フィルソン
マリーンアイテム
ニューバランス
トラディショナル
BOOT'S
TOYS McCOY
SLOW
デニム
CA4LA
SANDERS
CHROME
ジャックマン
CHARI&CO NYC
DURCUSONE
LINUS
コンバース
NIKE
BARBOUR
ミリタリー
adidas オリジナルス
DEUS EX MACHINA
REEBOK
BRIEFING
フレッドペリー
POLER
THUMPERS
未分類

最新のコメント

あざーす。
by キムラ at 20:56
金額は、 2250..
by HARBEES at 11:08
あの時は、と笑い話ができ..
by HARBEES at 14:31
熊本で生きていく上では、..
by HARBEES at 14:28
Dear Harbees..
by Mark Lane at 19:47

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

画像一覧

その後のハードワークの前に、腹ごしらえ。

d0093043_1628924.jpg
d0093043_1628205.jpg
d0093043_16283074.jpg

フェローズの展示会を後に、4件の展示会を控え、
たまらなく、お腹の奥深くから鳴り響くベルの音。
ここらで、燃料を確保するべく、いつもの「香月」へ。
毎回、来京の際には、何が何でも食べたいここのラーメン。
だが、いつも頭を悩ます事がある。
「暖かいスープの恵比寿ラーメン」なのか「香月の定番つけ麺」なのか......。
今回は、気分を一新して、清水の舞台から飛び降りる覚悟で....。
「つけメーンで」と、オーダーを投げかけた。
一口食べた。
二口食べた。
三口食べた。
美味しすぎて、言葉が出ず、
うちのナイス店長と、20分に及ぶ、無口な時間。
箸が止まらぬ、この物体は何なのか。
最後の、「そば湯」ならぬ「ゆで湯」で待ったりとした時間を無口で過ごす。
最高である。
ぜひ、九州に上陸する日を待ちわびようではないか。
# by harbees | 2009-06-05 16:48 | 美味しい物 | Comments(0)

フェローズ2009 秋冬展示会。

d0093043_15491164.jpg
d0093043_1549222.jpg
d0093043_15493624.jpg
d0093043_15501798.jpg
d0093043_15503354.jpg
d0093043_15505232.jpg
d0093043_1551959.jpg
d0093043_155118100.jpg

お待たせ致しました。
まだ夏も来ていない、こんな時期に、
各社、競い合って、「秋冬物展示会」を繰り広げる。
その中、トップバッターとなる「フェーローズ」に出陣してまいりました。
一般のナイスガイ&ダンディズム諸君はなかなかお目にかかれない「聖域」
をちょこっとお目におかけいたします。
このような状況で、事が進み、はれて、熊本の「フェローズファン」の手元に
「丹精込めた1品」が届くのであります。
いつものように、スペシャルコーデネイターの田村師の協力を得て、
ナイスな秋冬物をオーダーするに至った。
とくと、ご覧あれ。
レアな商品が写っているかも。

それと、ナイスなうちの店長とトゥーショットを繰り広げているのは、
元、Jリーガーの小牧氏。
今期から、フェローズへ移籍。
今後が楽しみである。
# by harbees | 2009-06-05 16:25 | フェローズ | Comments(0)

たびたびのお問い合わせ、ありがとうございます。

d0093043_1151011.jpg

d0093043_11511452.jpg

d0093043_11512869.jpg

d0093043_11514165.jpg

各地からの、電話お問い合わせ、誠にありがとうございます。
我が達の力不足なゆえに、ご迷惑おかけいたします。
「新品は観たことがある」、「カタログにも載っている」。
などの意見を数多く頂きます。
「使用感が観たい」、「しわの入り方」、「きずの具合」、「なじみかた」。
このような意見を解決すべく、ブログにアップさせていただきました。
数多くオーダーしているにもかかわらず、在庫のブーツも品薄状態。
いろんなタイプのブーツをご覧に入れるべく、十数足オーダーをかけております。
入荷しだい、ご紹介致す次第であります。
しばらく、お待ちください。
1年使用の「ホワイツブーツ」をとくとご覧下さい。
# by harbees | 2009-03-29 13:00 | Comments(0)

「カビがはえたブーツはどうする編」

ある日、「俺のブーツにカビが」。ブーツ好きな方達にはみに覚えがあるはず。
ブーツだけに限らず、革ジャンにも。
そんな方達に朗報。カビ取りの方法を御教えいたします。
「カビ」といえども数万種類あると言う。悪玉、善玉、数知れず。なかには、革の表面を変色させる奴、革質をぼろぼろに蝕んでいく奴。なんとバッドガイ。
だが心配はいらぬ。これから紹介する「カビナッシング作戦」さえ頭に叩き込めば、もう安心。それでは、いきます。
まず道具。*ブラシ、*乾いた布、*エタノール(原液をスプレーボトルに入れたもの)
次に
*1 カビのはえたブーツを発見したらまず「隔離」。他にうつるのを防ぐ。靴箱で発見した場合、靴箱をからにしてエタノールをまんべんなく吹きかけ、キッチンペーパーで拭き上げる。カビはもとを断つ。秘訣です。
*2 カビがはえたブーツを外に出してブラッシング。あまりこすらないように、軽くまんべんなく。
d0093043_18423532.jpg

*3 中までブラッシングが終わったら、「エタノール」をまんべんなく吹きかける。
d0093043_18483229.jpg

d0093043_18485529.jpg

d0093043_18492318.jpg

吹きかける。吹きかける。
そのまま風通しが良い所で完全に乾かす。(完全に乾くまで)
その後、カビ取りに使用していないブラシで表面の残骸を取り除く。(完全でなくても良い)。
*4 乾いたのを確認して、オイルアップ。
d0093043_1855296.jpg

ここも、まんべんなくオイルをなじませる。丁寧に、やさしく、気持ちよく。
数時間乾かし、乾いた布にてフィニッシュ。
d0093043_1931910.jpg

ご覧のとおり。カビもすべて排除。もとどおり。カビは「エタノール」を吹きかけた状態で2分ー3分で消滅してしまう。カビには、水、油、洗剤、全ての物が栄養になり繁殖させてしまう。だがただ一つ「エタノール」のまえには、カビもなす術もなく消滅する。ナイスエタノール。
最後に、この講習会で学んだ事は、革は手入れすれば生き返るし、手入れした革は最高の味を出す。味が風格を導き、男のロマンを引き出す。奥が深く、生涯付き合える事のできる宝物となる。その宝物を生かす事の出来る男になりたい。これにて。
# by harbees | 2008-10-16 21:42 | Comments(3)

「汚れが気になるブーツ編」の続き。

一服が終わり、こーひーもお代わり。
さてこれからが本題。驚きですぞ。とくとごらんあれ。
洗浄が終わったブーツ。
d0093043_1681392.jpg

d0093043_1684459.jpg

ここから普通は「陰干しで3日」。
でも「マスタングペースト青木」はこのまま「オイルアップ」。ようは、濡れた半乾きの状態で「マスタングペースト」を塗り込む。たっぷり塗り込む。
d0093043_16134728.jpg

d0093043_16141769.jpg

d0093043_16144950.jpg

中まで、革の部分はすべて塗り込む。
それから通常どうりの「陰干し」。部屋の中でもよし、玄関でもよし、乾くまでそのまま放置。乾くまで待て。
乾いたら、最後に「マスタングペースト」をまた塗り込む。歯ブラシも使い塗り込む。
そしてかわいたテーシャツまたはタオルで磨く。磨く。磨く。
で、完成。
仕上がり具合を目にした瞬間「これが俺のブーツ」とつぶやく事間違い無し。
思い切ってブーツを洗おう。これが男の「美学」である。
# by harbees | 2008-10-16 16:27 | Comments(0)