ハービーズジェネラルストアー〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍2-26-15 TEL096-331-7731 AM11:00-PM8:00 定休日火曜日 第2水曜日 火曜日祭日の場合、水曜店休日


by HARBEES

プロフィールを見る
画像一覧

ナイスガイのススメ。

『いいもの』頑丈である。飽きがこない。10年後も使える。そんな「力」を持つ『いいもの』を気兼ねなく使い込み、遊び、働き、毎日楽しく過ごして行こうではないか。
最近、人々が忘れがちな『いいもの』=『夢』を日夜探し、提案して行く事が、私達の仕事『夢』である。

 HARBEE'Sスタッフ一同より。

エキサイト以外のリンク
............................................
スマクロ Ⅱ
スマクロ福岡
lecrin
RED GOOD SPEED
TERRA BAL
JET CUSTOMCOATING
Travis Cycles
HEARTS RIZING
輪’z coffee shop
AIRS
スクランブラーとハンターカブ
株式会社ライフジャム

フォロー中のブログ

Dazzle アトリエの日々
Marky works
COM-HAUS ~イン...
マルとアンナ
haco 店主の日記
hacophotoshop
Cannon
GARAGE‘‘WORK...
&NAVY

カテゴリ

全体
フェローズ
MOMOTARO
ビンテージワークス
GOWEST GOHEMP
RIDING HIGH
ファッション
bike
雑貨
Nikon
トイプードル
車道楽
革ジャンパー
美味しい物
日常
ハンドメイドレザー
ビンテージウオッチ
フィッシング
アウトドア
フィルソン
マリーンアイテム
ニューバランス
トラディショナル
BOOT'S
TOYS McCOY
SLOW
デニム
CA4LA
SANDERS
CHROME
ジャックマン
CHARI&CO NYC
DURCUSONE
LINUS
コンバース
NIKE
BARBOUR
ミリタリー
adidas オリジナルス
DEUS EX MACHINA
REEBOK
BRIEFING
フレッドペリー
POLER
THUMPERS
未分類

最新のコメント

一枚目画像のレザージャケ..
by かっちん at 21:20
そうでしょ。 チャンス..
by HARBEES at 19:45
もう、 修理代は、 ..
by HARBEES at 19:44
去年は台風 今年は息子の..
by rinz at 02:03
岩根さん、わざと壊しよる..
by かっちん at 21:25

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

画像一覧

<   2010年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

トップサイダー完全復刻。

d0093043_18181973.jpg
d0093043_18182960.jpg
d0093043_18183792.jpg
d0093043_18184657.jpg
d0093043_18185550.jpg
d0093043_1819480.jpg
d0093043_18191565.jpg
d0093043_18193988.jpg

中学生の頃、
まだ、辞典のような「メンズクラブ」を買いあさり、
「トラディショナル」を吸収しようともがいていた頃思い出す。
その中に、あこがれの「トップサイダー」を履いているナイスガイ達が
次から次へと眼球に飛び込んでくる。
「ほしかった」。
だが、その頃の我が達にはおいそれと買える金額ではなかった。
買えても、学校に履いていこうものなら、すぐに「パクられる」(盗難にあう)。
我がの中学は、あまり治安が良い学校ではなかったため、
ナイスなアイテムを持ち込むとすぐになくなる(自然となくなるのではなく、盗難される)、もしくは、「かつあげ」されていた。(今ではあまり使わない単語)
そんなこんなで、結局は買わずじまい。
その後、一足は手に入れたのだが、「アディダス スタンスミス フランス」に猛威をふるわれ、
トップサイダー熱も靴と共に何処へ消え去った。
そんな、懐かしいこの「トップサイダー」。
今までに何回かは復刻が出てはいるのだが、良い線行ってはいるのだが、もう一つ。
今回の復刻は「完璧」と言っても過言ではない。
以前を知っているナイスガイも、知らないナイスガイも、
これからのシーズンはマリーンルックで足下も極めましょう。
清潔&爽やかガイになろうではないか。
by harbees | 2010-03-28 18:39 | マリーンアイテム | Comments(6)

デリバリー開始。

d0093043_17532475.jpg
d0093043_1753333.jpg
d0093043_17534322.jpg

東京ビンテージワークスより、
2つ折り財布「ビンテージワークス ハンドメイド ウオレット」が発売に。
以前、ブログでビンテージワークスのスタジオ映像をご覧にいれたさい、
ラギッドミュージアムとのコラボ ショルダーバッグと一緒に映していた物。
1ヶ月から2ヶ月で使用感が出だし、革本来の「味」を際だたせてくれる。
3色展開で、いずれもベルトとのコーディネイティングも可能。
仕事から遊びまでカバーし、ウォレットチェーンの装着も可。
とても、「育て甲斐のある財布」である。
是非、手に取りご覧下さい。
もちろん、専用ケースもベルト同様御座います。
我がはその辺がとても好きである。
備品にまでこだわる姿勢が「ナイス」。
d0093043_18521742.jpg

by harbees | 2010-03-28 18:08 | ビンテージワークス | Comments(2)

何故、マグカップ?

d0093043_17174331.jpg
d0093043_17175583.jpg
d0093043_1718978.jpg
d0093043_17373189.jpg
d0093043_17374959.jpg
d0093043_1738124.jpg
d0093043_17381270.jpg
d0093043_1738226.jpg

「マグカップを探しに来ました」。
「ここにあります」。
「マグカップ無いですか」。
「ここにありますよ」。
「これください」。
「マグカップ」。
なぜなのか、この頃立て続けに「マグカップ」を買いに来る
ナイスなお客様が多い。
今までは、年間を通してそんなには売れていなかった「マグカップ」。
ここに来て、「マグカップほしい症候群」な方達が増えたのか、
どうであれ、よく売れる。
そのほかにも、オールドアメリカンスタイル的なアイテムに人気が集中している。
緊急にメーカーに連絡、
至急送られたし、とオーダーを致した次第である。
それらの商品が、一同に集結しぎっしり詰まった段ボールで送られてきた。
詳細は、店頭にてご確認下さい。
まずは、写真にてあしからず。
by harbees | 2010-03-28 17:48 | 雑貨 | Comments(0)

ジャンクに囲まれて。

d0093043_12563358.jpg
d0093043_12564928.jpg
d0093043_1257217.jpg
d0093043_12571267.jpg
d0093043_12572456.jpg
d0093043_12573290.jpg

最近、ナイスな方々より、
大量の頂き物をする。
「どうも有り難う御座います」。
うれしい限りである。
それも、我がの大好きな「ジャンクフーズ」ばかりである。
ジャンクフード連盟を運営しているのを、知ってか知らぬか、たまたまなのか、
理由はともかくうれしい。(そんな連盟は無いのだが)
まず、M氏より頂いた、名古屋名物「山ちゃん手羽先せんべい」。
こちらでは、なかなか口にする事の出来ぬ、ピリ辛手羽先の味。
お酒のおつまみと言った方が妥当である。
次に、同じく名古屋名物「味噌煮込みうどん」カップ麺。
頂いておきながら何ですが、M氏スマン。
「どんべい」の方が断然旨い。
普段より「赤味噌」を摂取しない土地柄なのか、
「うむー」ていう感じである。
今度は、ニチレイのナイス営業マンから頂いた、「冷凍エビピラフ」。
これは、以前から大量に摂取し、ニチレイ本社の柱一本ぐらいは貢献しているはず。(大げさではあるが)。
ご家庭の冷凍庫に2〜3個は常備すべしアイテムである。
ほんと、旨い。飽きない。すぐ食べられる。ジャンク連盟の我がとしてはナイスな一品である。
最後に、大変個人的意見で悪いのだが、聞き流していただきたい。
「マルちゃんの優勝ラーメン」なのだが、
非常に「まずい」。これは「ひどい」。
味覚が敏感でも、旨い物好きでもない。
出された物を、あまりまずいと思わないタイプ。
ジョイフルのハンバーグも美味しいと思う位の味覚である。
それにしても、「なんで、優勝ラーメンがこの味」。
期待が大きすぎて、ギャップなのか、しかしこれは...。
店頭で、出来たてを喰らうのであれば違うと思うのだが、
あの大好きな「マルちゃん」がこれを出すとは。
やはり、「カップ麺」は独自の味付けの方が旨いと思う。
旨いラーメンは、「店で食べる」に限る。
それを実感させられたアイテムであった。
まだまだ、ナイスなジャンクフードを探さねばならぬ。
それが、ジャンクフード連盟の活動その物である。
by harbees | 2010-03-28 16:31 | 美味しい物 | Comments(0)

ブラックシャンブレー登場。

d0093043_11585117.jpg
d0093043_1159571.jpg
d0093043_11591463.jpg
d0093043_11592324.jpg

このところ、シャツにはまっている。
シャツといえども色んなタイプがあるのだが、
我がのはまっているシャツは、「シャンブレーシャツ」である。
多種多様なパンツに適合し、
洗いざらし感が良く、
薄手故に、夏でも、冬でもカバーする。
はやり廃り無く長く使えるのも魅力である。
ただ、今まで購入してきた「プレンティス」や「ビッグマック」などは、
最高に良い物なのであるが、シルエットがやはり米国である。
我がみたいな、背も高くなく、やせ形の体型には「でかい」のである。
このところ気に入っている「MOMOTARO」のシャンブレーは、
シルエットが「絶妙」である。
脇、丈、袖周り全てにおいて、パーフエクッ。
製法は流石MOMOTARO製、
こだわりが違う。
シャンブレー大好き症候群のナイスガイは一見の価値ありですぞ。
特にこの「ブラックシャンブレー」はお見事。
生でお見せ出来ないのが悔しい。
ブラックに白のパンツが今マイブームです。
by harbees | 2010-03-26 12:19 | MOMOTARO | Comments(0)

見なければ良かった。

d0093043_1141414.jpg
d0093043_11415033.jpg
d0093043_1142519.jpg
d0093043_11421480.jpg

友人から、一冊の写真集をお借りした。
発売当初、ピストの聖地ブルーラグにて販売しているのを
見かけてはいるが、
仕事の途中だし、なおかつ荷物にもなるので、買うまでには至らなかった。
年は過ぎ、
だんだんとビンテージチャリに興味が出始めると、
本マニアの我がとしては、無性に「見たい発作」が芽生え始めた。
至る所で探しては見たのだが、「ない」。
友人でピストの神と言われる氏に聞いてみたところ、
「持っていますよ」。
と、簡単に言い放った。
お願いして、借りて、中を開けてみると、.......。
「頭がおかしいのかな我がは」と思える内容のモノであった。
聞いたことも、見たことも、今までの知識にはかすりもしない物達ばかり。
参りました。
でも、写真も綺麗、アングルも最高。
眺めているだけでも良い気分になれるこの写真集「SMART MOVE」。
いずれ、手に入れるつもりである。
本に関しては、欲求が止まらない。
目標は、本棚に囲まれた書斎を創ること。
その日まで、買いあさります。
ナイスな本があれば教えて下さい。
ナイスガイの皆さん。
by harbees | 2010-03-26 11:57 | Comments(0)

ミッション2「東京編」その5.

こうしてはいられない。
すぐさま待ち合わせの場所へ移動。
ここからは、仕事外の定例会。
フェローズ田村師と姫野氏との食事会。
毎回、来京すると必ず一緒に食事をとる。我がの楽しみの1つでもある。
くたくたではあるが、楽しみが添加剤となり、足が一歩一歩
コンクリートジャングルを踏みしめていく。
d0093043_1995227.jpg
d0093043_1910060.jpg
d0093043_19103147.jpg
d0093043_19112459.jpg

楽しい一時。
旨い料理。
最高の友人とのこの時間。
今までの疲れもどこかへ消え失せ、これからの人生にやる気が出る。
遠くはなれて、たまにしか会えないナイスな師達。
それぞれ個性を持ち、考え方も違う。自分の打ち出し方もそれぞれ。
我がが感じたことだが、
全ての師に言えること、「人生を服とゆう自分が好きな物で楽しんでいる」と感じさせられた。
「服」でこんなに遠く離れていてもつながっている、
つくづく、この仕事をしていて心から良かったと思う。
ありがとう、ナイスな師達。また会える日を待ちわびている。

ホテルに帰り着き、
シャワーを済ませ、ミネラルウオーターを一気に飲み干し、ベットへ。
好みの「JOHN MAYER」を聞きながら就寝。
お休みなさい。

と思ったが、眠れない。
「家の布団以外寝られない症候群」が眠りを妨げる。
1時間、2時間、3時間、身体は寝ているのだが、頭は寝ていない。
何時か分からないが、ちょっとは気を失っていた。
気がつくと、目覚ましをセットした時間より早く目を覚まし、
チェックアウトの準備を始めた。
d0093043_19341655.jpg
d0093043_1934257.jpg
d0093043_19343548.jpg
d0093043_19344554.jpg
d0093043_1934543.jpg
d0093043_19351122.jpg

朝食を済ませ、
まだ開店前の原宿を通り抜けて、
昨日話が出来てなかった「JUNBLE展」のメーカーへ、リターンマッチである。
朝早いせいか、まだ来展客もまばらで、すんなり商談も終わった。
3時の便を予約しているので、余裕はないが、
せっかくである、ここは職権乱用で、個人的に買い物を、などの誘惑に駆られ、
表参道らへんを徘徊することにした。
至る所に、オシャレな店舗が建ち並ぶこの表参道。
いつ来ても新鮮である。
d0093043_19454969.jpg
d0093043_19455931.jpg
d0093043_194613100.jpg
d0093043_19463343.jpg
d0093043_19464629.jpg
d0093043_1947462.jpg
d0093043_19471653.jpg

最後にしばしのお別れの挨拶を告げに、スマクロへ。
お客様の邪魔にならぬように、退散。
またね。

時間が迫ってきてはいるが、「物欲押さえが効かぬ症候群」の我が、
昼飯を抜いてでも、いろんなショップを散策したい欲望にかられ、
ぎりぎりまで、時間を割き物欲を満たしていった次第である。
d0093043_19545957.jpg
d0093043_1955101.jpg
d0093043_19551988.jpg

出発時刻ぎりぎりに到着。
機内へ滑り込み、THE END。
本当に、いつも東京を訪れた際、
あたたかくお世話していただき、心より感謝致します。
こんな、地方の名もないショップのオヤジを面倒観ていただき、
返す言葉もありません。
ナイスな師達より頂いたナイスな気持ち(志)を、この熊本で、
ナイスな皆様に伝えるべく努力し、
熊本の人はお洒落、熊本に遊びに行きたい、
他県のナイスガイ達がそんな思いになるような熊本にしていきたい。
良い物を仕入れ、ちゃんと説明し、一人一人に合ったアイテムを提供していけるように、
考えさせられた旅であった。
みんな、ありがとう。
また、伺う日まで。
by harbees | 2010-03-22 20:10 | フェローズ | Comments(0)

ミッション2「東京編」その4。

本当に申し訳ない。
堀内師、このお礼は必ず。
最近オープンした代官山「Sedona」
ここは、「ショップ、カフェスペース、イベントスペース」などをそなえた、
「新しい感じの多目的スペース」。
こんな場所が熊本にも存在すれば、町中も蘇るのに、っと思うほどの
新時代到来型店舗であった。
その前で「ライディングハイ」のナイスガイ林氏と合流。
本当に、心からオシャレを感じさせる林氏。
一から勉強させられる思いである。

d0093043_18183879.jpg
d0093043_1818555.jpg
d0093043_1819564.jpg
d0093043_18191491.jpg
d0093043_18193051.jpg
d0093043_18194713.jpg
d0093043_18195684.jpg
d0093043_1820712.jpg

店内を拝見させて頂き、
ナイスな林氏とコーフィータイム。
カメラ好きな氏、我がと一緒のオリンパスEP1を持参し、
談義に花が咲く。
ファッションについてもいろいろ教えてもらい、
ほんのわずかな時間ではあったが、楽しい一時を過ごさせてもらった。
やはり来京すると、刺激になり、脳細胞が活性化する思いである。
有り難う林氏、こんな加齢臭ただようオヤジに付き合ってもらって。
外で、再会を願いまた次の予定場所へ。
d0093043_18262290.jpg
d0093043_18263488.jpg
d0093043_18264582.jpg

ここも、モッズに憧れていた頃の聖地。「レディーステディーゴー」
よく訪れ、色んなベスパが止まっているのをよだれを垂らしながら見つめていた。
いまだに健在。嬉しい限りである。
d0093043_1835319.jpg
d0093043_18352780.jpg
d0093043_1835545.jpg

渋谷まで、靴擦れにやられた左右の足を交互にかばいながら、
ひたすら歩いた。
次は「高田馬場」とアナウンスが響いた。
こっちに住んでいた頃も、ほとんど足を踏み入れたことがない場所。
そこから、「早稲田」まで行く予定。
「早稲田」なんて、とうてい我がの生きる上で全く関係ない場所。
そこから、メーカーがあるビルまで四方八方も分からぬ状態。
日が暮れ、担当者との電話がナビ代わり。
初めて見る早稲田大学。そびえたっていた。身震いを感じる。

d0093043_18443980.jpg
d0093043_18445438.jpg
d0093043_1845417.jpg
d0093043_18452912.jpg
d0093043_18453962.jpg
d0093043_18455110.jpg

丁寧な担当者との商談。
心より感謝致します。
商品点数もさながら、一点一点がナイスな物達で、
見極めるのに時間がかかり、商談後気がつけば
もう、八時を過ぎていた。
これで、今日の予定は全て攻略。
ゾンビが町に徘徊するかのごとく、まっすぐ歩けず、足を引きずりながら、
ホテルへチェックインを急いだ。
渋谷までもどり、チェックインし、荷物を置き、ベットへダイブ。

続く。
by harbees | 2010-03-22 19:05 | ビンテージワークス | Comments(2)

ミッション3「東京編」その3.

渋谷駅につき、東横線に駆け込み、
次なる予定地「ライディングハイ」へと。
夕方になり、気温も低下。
先ほどドーピング1本目のリポDも効き始め、足取りも軽く、
空腹感もなくなり、完全に意志とは別人のマシーンへと変貌を遂げつつあった。

d0093043_16181078.jpg

d0093043_16194931.jpg
d0093043_16195950.jpg
d0093043_1620366.jpg
d0093043_16204630.jpg
d0093043_16205654.jpg

ここで、悲劇は訪れた。
何も考えなく行動してきた我ががいけないのである。
「ライディングハイ」が休みであった。
アポも入れなく向かってしまった我が悪い。
だがしかし、ここまで来て休みとは......。
強制的に添加させ、半マシーン状態であった身体も、緊急停止状態。
..........。まっまてよ、つ、次がある。
まだ先がある。
もう一度気合いを入れ直し、
ゼンマイを切れるまでまき直し、
向かうは「ビンテージワークス」。
d0093043_16325943.jpg

d0093043_16331599.jpg
d0093043_16332815.jpg
d0093043_1633393.jpg
d0093043_163353100.jpg
d0093043_1634457.jpg
d0093043_16341697.jpg
d0093043_16342685.jpg
d0093043_16343722.jpg
d0093043_16344817.jpg
d0093043_1635080.jpg
d0093043_16351650.jpg
d0093043_16352661.jpg

右足外側に靴擦れ発生。
だが、無視。
かばいながらの歩行により、左足小指横靴擦れ発生。
無視出来ないが、無視。
そんな状態でようやく「ビンテージワークス堀内師」のもとへ到着。
d0093043_1752441.jpg
d0093043_1754042.jpg
d0093043_1755281.jpg
d0093043_17625.jpg

少々の時間ではあるが、
「ほっ」とする空間である。
「GOOD JOB」とは、「ビンテージワークス」の母体名である。
堀内師との久しぶりの再会、うれしい機会である。
いろんな、ニューアイテム、試作品などを見せて頂き、
コーフィーまで頂き、まったりと過ごしていた。
そこへ、先ほどの「ライディングハイ」のルーキー「林氏」からの電話。
「代官山」で待ち合わせ致しましょうとのこと。
我がの衰弱しきった顔を見て、ナイス堀内師がナイスW123で送ってくれるとのこと。
天から差し込んだ一筋の光が見えた。
かたじけない思いで、お世話になることにした。
本当に有り難い気持ちで一杯であった。
早速、W123に乗り込み、代官山へと。
写真、雑誌等では拝見していたW123,
最高のコンディションで我がのよりも綺麗であった。
吹けも良く、足回りも完璧で快適なクルージングで代官山へ到着した。
d0093043_17183358.jpg
d0093043_17184984.jpg
d0093043_1719021.jpg


続く。
by harbees | 2010-03-22 17:19 | RIDING HIGH | Comments(0)

ミッション2「東京編」その2。

スマクロで、朝の一息を済ませ、
気合いを入れ直し、期待の「JUMBLE展」へと向かう。
同行の姫野氏と久しぶりの再会を果たし、
たわいない話、新着情報、ナイスなショップなどの、「東京話」を
繰り広げながら、また、歩く。歩く。歩く。
d0093043_158599.jpg
d0093043_1582453.jpg
d0093043_1583673.jpg
d0093043_1584792.jpg
d0093043_1585780.jpg
d0093043_1591285.jpg

会場到着。
まずは、受付を済まし、姫野氏とも別行動。
以前チェックしていたメーカーをじゅうたん爆撃のごとく、
しらみつぶしに、廻っていく。
完全に目が1点を見つめることが出来ない。
瞬時に大量のナイスな物達が眼球に飛び込んでくる。
瞬きすら出来ない状態である。
あまり、写真では紹介できないので、ご勘弁を。
d0093043_15311296.jpg
d0093043_15312423.jpg
d0093043_15313490.jpg
d0093043_15314648.jpg

「VIBERG BOOT」の社長&息子が緊急に来日したらしく、
ブーツコーナーは一段と賑わっていた。
ミーハーな我がとしては、すぐさま「プリーズ」とキャメラを差し出し、
強引にショットをお願いした。
「VIBERG BOOT」とは、カナダのメーカーであり、1931年創業、
エンジニア、ペコスなどのワーカー向けの製品を主体とする、オールハンドメイドブーツブランドである。
今年の秋、我がハービィーズにも入荷予定。
気になるナイスガイはぜひ、ご覧下さい。
d0093043_15453063.jpg
d0093043_15454113.jpg
d0093043_154552100.jpg

めまぐるしく、散策し、商談を繰り返し、
気がつくと、数時間がすでに過ぎていた。
まだまだ、心残りはあるものの、次の予定があるのでここらでいったんドロップアウト。
会場を背に、再び合流した姫野氏と、「ため息」がでた。
「どれもいい」、「迷う」、「個人的にほしい」などの意味がこもった「ため息」であった。
その後、また行軍がまっている。
行き先は、「祐天寺」熊本には大勢のファンがいる、「ライディングハイ」である。
裏原宿を散策しながら、スマクロまで到着。
ここで、姫野氏ともしばしのお別れ。
ここから、歩いて渋谷まで行き、祐天寺へと旅はつづく。


d0093043_15542877.jpg
d0093043_15544389.jpg
d0093043_15545457.jpg

研究生のころから大好きな「キャッツストリート」を楽しみ歩く。
すると、目の前に最近出来た「MOMOTARO 原宿店」が見えてきた。
d0093043_15572341.jpg

中学生の頃、ぼろぼろになったコピー用紙にも似た「クリームソーダ」のカタログ。
みんなで通販して買っていた。あこがれの聖地であった。まだ健在である。
d0093043_162516.jpg
d0093043_1622147.jpg
d0093043_1623666.jpg

歩く。歩く。歩く。そして、止まる。また歩く。
d0093043_1624955.jpg

d0093043_164285.jpg

続く。
by harbees | 2010-03-22 16:05 | フェローズ | Comments(0)