ハービーズジェネラルストアー〒862−0911 熊本県熊本市東区健軍2−26−15 TEL096−331−7731 AM11:00〜PM20:00 定休日火曜日 第2水曜日 火曜日祭日の場合、水曜店休日


by HARBEES

プロフィールを見る
画像一覧

ナイスガイのススメ。

『いいもの』頑丈である。飽きがこない。10年後も使える。そんな「力」を持つ『いいもの』を気兼ねなく使い込み、遊び、働き、毎日楽しく過ごして行こうではないか。
最近、人々が忘れがちな『いいもの』=『夢』を日夜探し、提案して行く事が、私達の仕事『夢』である。

 HARBEE'Sスタッフ一同より。

正規取り扱い
Pherrow's
GO WEST GO HEMP
Vintage works
MOMOTARO JEANS
RIDING HIGH
SLOW
SANDERS
SEBAGO
CA4LA
FIDELITY
CHROME
new balance
TOY'S McCOY
BLUNDSTONE
EMPIRE&SONS
CHARI&CO







エキサイト以外のリンク
............................................
スマクロ Ⅱ
スマクロ福岡
SEVENHALF
lecrin
RED GOOD SPEED
TERRA BAL
JET CUSTOMCOATING
Travis Cycles
パンドコロ
上田啓介オフィシャルブログ
慶徳二郎のブログ
HEARTS RIZING
EMPI GTV 1000S
輪’z coffee shop
模型のマルエス商事
AIRS
スクランブラーとハンターカブ
株式会社ライフジャム
PEOPLE GET READY

お気に入りブログ

Dazzle アトリエの日々
Marky works
COM-HAUS ~イン...
マルとアンナ
haco 店主の日記
hacophotoshop
BOOLOG
Cannon
Leaf Factory
peace ride
GARAGE‘‘WORK...
&NAVY
NEVL

カテゴリ

全体
WHITE'S BOOTS
フェローズ
MOMOTARO
ビンテージワークス
GOWEST GOHEMP
RIDING HIGH
ファッション
bike
雑貨
Nikon
トイプードル
車道楽
革ジャンパー
美味しい物
日常
ハンドメイドレザー
ビンテージウオッチ
フィッシング
アウトドア
フィルソン
マリーンアイテム
ニューバランス
トラディショナル
BOOT'S
TOYS McCOY
VIBERG
SLOW
デニム
MANEBU
FIDELITY
CA4LA
SANDERS
CHROME
HUNTER
Loake
ジャックマン
CHARI&CO NYC
DURCUSONE
LINUS
コンバース
NIKE
BARBOUR
BLUE OVER
ミリタリー
adidas オリジナルス
DEUS EX MACHINA
REEBOK
BRIEFING
フレッドペリー
未分類

最新のコメント

あざーす。
by キムラ at 20:56
金額は、 2250..
by HARBEES at 11:08
あの時は、と笑い話ができ..
by HARBEES at 14:31
熊本で生きていく上では、..
by HARBEES at 14:28
Dear Harbees..
by Mark Lane at 19:47

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

画像一覧

ホワイツブーツ 手入れの仕方。

ほのかな、
心地よい日差しが、
差し込む、
我が熊本。
そろそろ、
「一気に気温上昇」が得意な土地柄である。

そこで、
冬物のお手入れ&衣替えという行事ごとが目前に控えるこの時期、
いろんな地域&ナイスなブーツメンからのお問い合わせが特に多い、

「ブーツメンテナンスマニュアル」的、ブーツの洗い方をご紹介していく次第である。


はじめに、道具をかき集める。

1,マスタングペースト 。 2,レクソルオイル 。 3,レクソルクリーナー 。 4,使い古しでも良いので、歯ブラシ。
5,エタノール 、ドラッグストアーで買えます、小瓶。 6,古くなったタオル。7,豚毛のブラシ。
8,気持が良い音楽。9,香り立つコフィー。10,亀の子だわし。11,シューツリー シューキーパー。

あとは、ご自分で気持ちよくなりたいアイテムを用意。

d0093043_1475078.jpg


まずこの様に、
冬を共にした「仲間」を呼び出し、
1つの場所に集る。

d0093043_1485150.jpg


次に、ドラッグストアーで買ってきた「エタノール」をダイソーなどのスプレーボトルに入れ、
靴内外に、ふんだんに吹きかける。
この時、
表面に「カビ」がはえている場合は、先にブラッシングで落とす。

スプレーして1分ほど待つ。

d0093043_14255088.jpg


適度なバケツに水を入れ、
泡立つぐらいでよいので、オレンジのレクソルクリーナーを少量いれる。

d0093043_1428844.jpg
d0093043_14282666.jpg


その中に、
ブラッシングを施し、
紐を外し、
呼び寄せた仲間達を、一気にダイブさせる。

揚げたての、「スーパーボリューム満点とんかつ」に見えるのは、我がだけか、はたまた、老眼のせいなのか?。

d0093043_14301341.jpg

d0093043_14303151.jpg
d0093043_1431497.jpg


まんべんなく洗う。洗う。洗う。

d0093043_14315853.jpg
d0093043_14321839.jpg


そして、
泡が切れるまで、丁寧に洗い流す。流す。流す。
我がには丁寧という言葉は似合わぬが。

d0093043_14332972.jpg
d0093043_1433492.jpg
d0093043_14342487.jpg


流し終わったら、
バケツとホースとクリーナーをかたづける、
使わない道具一式を。

d0093043_1437198.jpg

d0093043_14372588.jpg

d0093043_14374568.jpg


洗い流したら、
使い込まれた古いタオルで、
余分な水分を吸い込ませて取り除いていく。

d0093043_14385018.jpg

d0093043_1439931.jpg

d0093043_14393491.jpg

d0093043_14401229.jpg
d0093043_14403050.jpg


水分が、
ある程度とれたならば、

我が熊本が誇る「マスタングペースト」をすり込んでいく。

当然、今写真に写っているナイスな「バイバーグ オックスフォード」&「ホワイツブーツ ノースウエスト」は、
ラフアウト、すなわち「スエード」である。
故に、内側だけにすり込む。

表革の場合も何も違はない、内側よりすり込む。
その後、もちろん表にも。

我がは、スエードも表からすり込んでいく。
多少表面にムラが出来、
ラフアウト特有の毛羽立ちがつぶれるが、
お構いなしにボディータッチ。

この辺は個人差がある。
自分の判断でおこなってくだされ。

裏側より、表革より、少量をすり込んでいく。
指が届かない場所は、「歯ブラシ」ですり込んでいく。

d0093043_158429.jpg


テレパシーが通じたのか、
匂いをかぎつけたのか、
そう、
この氏こそ、マスタングペーストの生みの親、ナイスガイ青木氏である。

これまでにないぐらいコンディションがいい、トライアンフにまたがり、
粋な男の、
粋な時間をくつろぎに現れた。

話を戻して、

この季節では、
天候もいいし、風も心地良いので、
二日ぐらい天日干しをおこなえば、乾いてしまうであろう。

できれば、
乾かすときに、シューツリー&シューキーパーなどを入れ、
形を整えて乾かすと、
ビローンと横に伸びたウナギの顔のようなブーツが、
シャキッと生き返りますぞ。
なければ、
新聞紙をいっぱいに詰め込むべし。

乾いた後、
表革の場合は、もう一度表面より、
マスタングペーストをすり込んで頂きたい。

ラフアウト、スエードの場合は裏側よりすり込んで下され。

d0093043_15572954.jpg

d0093043_15574541.jpg
d0093043_15575913.jpg
d0093043_15581368.jpg


最後の仕上げは、
丁寧なブラッシング。
隅々まで、ゆっくり時間をかけて。
ラフアウト、スエードの場合も毛並みに沿って、ブラッシング。

表革で、光沢を求めるナイスな「てかりマニア」な方々は、
 コロニル ディアマンテ 、ドイツ製の粋な奴を、
ブラシですり込んで下され、
光沢を施してくれますぞ。

これで、
出来上がりである。

御覧の通りの美しさが蘇った、2つの粋なブーツ。
気持ちいい瞬間であり、
満足のいく瞬間でもある。

もし、表面に白い物体が現れてもご心配なく。
オイルの余剰成分である、蜜蝋である。

すかさず、ドライヤーを持ち出し、熱風で解決。
染みこんで消えていきます。

自分で、愛着持って、丁寧にメンテナンスをしてやれば、
美しく、
長く、
渋く、
カッコ良く、
良い仲間と暮らしていけます。

こんな清々しい時期、ベランダや、玄関先などで、
レッツメンテナンスはいかが。

あくまでも、手入れの仕方は千差万別であるが故に、
ご参考ほどに。
マスタング青木氏とハービィーズのメンテナンスマニアルより。
d0093043_19215240.jpg


もちろん、
頭が弱い我が故に、
むだな文章&意味のない言葉ばかりである。

もし、悩むようなところがあれば、何なりと電話でも良いので、
お問い合わせして下さい。
すかさず、御説明します。



d0093043_16163349.jpg


それと、
先程のナイスガイ青木氏が現れた理由がこれである。

「マスタングPウオーター」の発売である。

新型の「リキッドタイプ」。
今まで、塗り込めにくかった「エキゾチック系」や「カービング」、
「バッフアロー」、「ゴートスキン」などにも完全対応品。
塗りやすく、
跡が残りにくい、
浸透性No1の成分。
高価な革製品にも最適な熊本産最高級馬脂オイル。

店頭にありますので、是非御覧下され。
d0093043_19212715.jpg

by HARBEES | 2012-04-08 17:06 | WHITE'S BOOTS | Comments(0)