ハービーズジェネラルストアー〒862−0911 熊本県熊本市東区健軍2−26−15 TEL096−331−7731 AM11:00〜PM20:00 定休日火曜日 第2水曜日 火曜日祭日の場合、水曜店休日


by HARBEES

プロフィールを見る
画像一覧

ナイスガイのススメ。

『いいもの』頑丈である。飽きがこない。10年後も使える。そんな「力」を持つ『いいもの』を気兼ねなく使い込み、遊び、働き、毎日楽しく過ごして行こうではないか。
最近、人々が忘れがちな『いいもの』=『夢』を日夜探し、提案して行く事が、私達の仕事『夢』である。

 HARBEE'Sスタッフ一同より。

正規取り扱い
Pherrow's
GO WEST GO HEMP
Vintage works
MOMOTARO JEANS
RIDING HIGH
SLOW
SANDERS
SEBAGO
CA4LA
FIDELITY
CHROME
new balance
TOY'S McCOY
BLUNDSTONE
EMPIRE&SONS
CHARI&CO







エキサイト以外のリンク
............................................
スマクロ Ⅱ
スマクロ福岡
SEVENHALF
lecrin
RED GOOD SPEED
TERRA BAL
JET CUSTOMCOATING
Travis Cycles
パンドコロ
上田啓介オフィシャルブログ
慶徳二郎のブログ
HEARTS RIZING
EMPI GTV 1000S
輪’z coffee shop
模型のマルエス商事
AIRS
スクランブラーとハンターカブ
株式会社ライフジャム
PEOPLE GET READY

お気に入りブログ

Dazzle アトリエの日々
Marky works
COM-HAUS ~イン...
マルとアンナ
haco 店主の日記
hacophotoshop
BOOLOG
Cannon
Leaf Factory
peace ride
GARAGE‘‘WORK...
&NAVY
NEVL

カテゴリ

全体
WHITE'S BOOTS
フェローズ
MOMOTARO
ビンテージワークス
GOWEST GOHEMP
RIDING HIGH
ファッション
bike
雑貨
Nikon
トイプードル
車道楽
革ジャンパー
美味しい物
日常
ハンドメイドレザー
ビンテージウオッチ
フィッシング
アウトドア
フィルソン
マリーンアイテム
ニューバランス
トラディショナル
BOOT'S
TOYS McCOY
VIBERG
SLOW
デニム
MANEBU
FIDELITY
CA4LA
SANDERS
CHROME
HUNTER
Loake
ジャックマン
CHARI&CO NYC
DURCUSONE
LINUS
コンバース
NIKE
BARBOUR
BLUE OVER
ミリタリー
adidas オリジナルス
DEUS EX MACHINA
REEBOK
BRIEFING
フレッドペリー
未分類

最新のコメント

あざーす。
by キムラ at 20:56
金額は、 2250..
by HARBEES at 11:08
あの時は、と笑い話ができ..
by HARBEES at 14:31
熊本で生きていく上では、..
by HARBEES at 14:28
Dear Harbees..
by Mark Lane at 19:47

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

画像一覧

久しぶりの出会い。

d0093043_20581281.jpg
d0093043_2058375.jpg
d0093043_20584931.jpg

朝一番御来店のナイスガイと、車の話で盛り上がった。
その、ナイスな社長様は、
数々の車を乗り継いでいて、
完全な「車道楽者」であった。
それだけではない、「単車道楽者」でもあった。
数々のマシーンをこなしてきている、「達人」が故に、
語る内容が現実味をおび、勉強させられた。
最終的に「スーパー7」を所有したいとのことだった。
我がも、以前車屋で働いていた頃、
「スーパー7」に夢中になり、書物をあさり、特集ビデオを毎日のように
眺め、プラモデルまで製作致した次第である。
永遠の「あこがれである」。
それで、ナイスな社長との話は終わり、
仕事を続けた。
普通の日曜日。
久しぶりに季候が良く、店内も沢山のナイスなお客様で賑わった。
夕方、一段落する頃に、
重低音がガラス越しに轟いた。
なんと、「スーパー7」である。
朝、そんな会話をした矢先の出来事で、
ナイスタイムリーだった。
慌てて外に飛び出し、
一目散にセブンの所へ。
「やはり、いつまで経っても変わらないシルエット」であった。
このデザインは、ほれぼれする。
必要最低限の装備で、早く走る為だけに作られたこのマシーン。
「ダンディー」その物である。
運転席と言うよりも、「コクピット」と言うべきシートに
身体を埋める。
ノーズ越しにフロントタイヤの切れ角が見え、
スタートと共に強烈な加速が身体をシートにおさえつける。
これこそ、「マシーン」と言うべき塊。
これで、忘れかけていた、物欲がまた再燃した日曜日であった。
「ナイスセブン」のオーナー写真を撮らせていただき有り難う御座いました。
また、「セブンスピリッツ」を魅せに御来店下され。
by harbees | 2010-02-08 21:26 | 車道楽 | Comments(0)